大 学院生に贈る10つの助言


当たり前だけど大切なことを10つほど挙げて みます。


その1 − いつも最良の結果を得ようと望むこと。同時に、いつも最悪の結果に備えること。

その2 − 向上のための努力を怠らないこと、そしてそれにたっぷりと時間をかけること。

その3 − 自分の研究テーマがどうして重要なのか、周りに説明できるようにすること。

その4 − 納得できないこと、疑問に思ったことは自分の頭で考え抜くこと。

その5 − 授業の課題、レポート、研究室ゼミに向けた総説などであっても、すべて「論文として発表」を前提に取り組むこと。

その6 − 研究計画を書いて周りに読んでもらい、どんどん批判を受けること。

その7 − チャンスを無駄にしないこと。

その8 − 論文発表は早めに開始するほどいい。まだ学部生だから、大学院1年生だからなどと自分を甘やかさないこと。

その9 − 定期的に論文を発表すること。

その10 − 目標はできるだけ高く設定すること。


なお、タイトルはS. C. Stearnsによる"Some modest advice for graduate students"のマネですが、本当はこれらは自分自身に向けて書いたつもりでもあります。



[日本語 ページトップへ戻る]