なぜ研究 するのか?

私の研究にかぎらず自然科学の研究成果は、すぐさまそれが人の役に立つというようなわかりやすい形では示されることが少なく「そんなことを調べて何になる のか?」という質問をされることがよくあります。こんなとき、こらえ性のない私はつい「科学者はドラえもんの手先じゃない!」と叫びたい衝動にかられま す。たとえば「地球は太陽のまわりを回っているんだよ」と聞かされて「そんな知識がいったい私たちの生活向上に役立つの?」なんて尋ねるのは、あまりに夢 がないとは思いませんか。しかし、そうは言っても「なぜ研究するの?」という質問に、科学者自身がちゃんと答えられないのでは心もとありません。そんなわ けで、私もときどきこの質問を自分に向けて発することがあります。

少し大げさかつ理想論的になりますが、私が思うに、もし科学の存在意義というものがあるとすれば、それは「文化、宗教、風習や利害関係などの異なる人々が 世界のしくみ、あり方について語るとき、唯一の共通基盤(あるいは知識)を提供できる」というものです。言いかえれば、科学の知識は人間の価値観や利害と は独立に客観的な事実として存在しうるからこそ、人類全体の共有財産としての価値がある、ということです。物事の理解の共通基盤あるいはスタート地点なく しては、人は話しあうことはおろか、話しあうべき問題がどこにあるのかを正しく認識することすらできません。だからこそ我々は、この複雑な世界のしくみを まず科学の言葉でできるだけくわしく説明、理解しようとしているのです。そしてそこには説明あるいは理解できないことが未だにたくさん残っています。人々 が考えている以上に、世の中は思いもよらないこと、わからないことであふれているのです。応用への道が明らかな研究分野については、人やお金が集まりやす いし、研究の進展も早いでしょう。しかし、何に応用できるかわかりにくいからと言って、その分野の発展を遅らせるのは問題です。長い目で見た人間社会への 貢献を考えるなら、アンバランスな科学の発展とその誤用は、かえって弊害をうむことにもなりかねません。そうした事態を避けるためにも、幅の広い研究分野 の進歩が必要です。

もちろん我々を研究に駆り立てるのは、まず「知りたい」という純粋な好奇心によるところが大きいでしょう。そのことについて言い訳するつもりはありませ ん。ただ私が思うのは、我々は自分の興味を満足させるだけのために、いたずらにエネルギーを浪費しているのではないということです。こうした「知的共有財 産」を生み出す活動は目立たぬ形でも、人々の生活、人類の歴史に確実に反映されてゆくのです。

私は、我々が日々おこなっている地道な研究の成果が、たとえささやかでも、それを学ぶ人の自然の見方、生きものに対する考え方を変えてくれるようなもので あって欲しい、また自分でもそういう研究をめざしたい、と思っています。人間は自分の知っている範囲内でしか物事を考えられません。私の役割は、のび太君 の夢をかなえることではなく、そうした人々にとっての知識の地平を少しでも広げてゆくことだと信じています。


おわり

(追記)上の文で言う「知的共有財産」に相当するのが学術論文です。したがって人は誰であれ、研究をおこなったら必ずそれを学術論文にまとめて発表しなけ ればいけません。それも、世界中どこの国の人でも読めるよう英語で書くのがマナーです。学会発表は聞いてくれた人以外には知識を「共有」してもらうことは できませんし、そもそも内容の正しさや価値について厳密な審査過程を経ていないので「財産」と見なすことはできません。このように、学術論文の発表を前提としないかぎり「自分の研究は自己満足やお金とエネルギーの浪費ではな い」という主張は意味をもたないので注意が必要です。

日本語トップページへ戻る