自 己紹介

19XX年7月31日金曜日午前0時、東京都江戸 川区に生まれ る。子供の頃は小動物とくに昆虫を飼うのが好きで、自宅にいつもたくさんの水槽やカゴをなら べ、家庭訪問のたびに女教師をおびえさせる。小学3年生の時「ファーブル昆虫記」を読んで、大きくなったら昆虫学者になりたいと思う。その後そんなことは すっかり忘れて成長するが、20年あまり経ったある日、花と昆虫の研究を生業としている自分にふと気づく。

決してこうなることを計画していたわけではないし、少年の頃の夢 をかなえた、というのとはちょっとちがう気がする。でもやっぱりある種の人間は、マルハナ バチがアザミの花に惹かれるように、あるいはモンシロチョウがキャベツ畑に惹かれるように、結局のところ、この世界にあつまってくるのかもしれない。そう は思いませんか。思いません。そうですか。



おわり

[日本語ページトップへ戻る]