大橋  一晴 の ホームページ
 
 
 


大橋 一晴(講師)

〒305-8572 つくば市天王台1ー1ー1
筑波大学生命環境系 生物科学専攻
共存生物学研究室 総合研究棟 A 412号 室
電話&FAX: 0298-53-6657
Eメー ル: kohashi_at_biol.tsukuba.ac.jp 


ご来訪ありがとうございます、大橋一晴です。私はこれまで、植物−動物間相互作用、とくに花を訪れる動物の行動戦略が、 花粉・種子の運搬や食害をつうじて 植物の繁殖、ひいては花の進化にどのような影響をおよぼすかということに興味をもって研究をすすめてきました。送粉共生系と呼ばれるこの対象の面白さを存 分に引き出すため、これまでの「植物学」「動物学」という枠組みにとらわれず、たがいに利用しあう植物と動物の両方の立場から現象を理解しようとつとめて います。主な専門は、送粉生物学、植物進化生態学、行動生態学(特に採餌理論)、などです。このページでは、私自身と私の研究について簡単にご紹介しま す。


carpenter bee Diversus3 Green Gentian

  
Kaz
    
Bee

[自己紹介] 簡単に。
[研 究歴] 履歴書のようなもの。
[研究内容] 知りたいことと見つけたこと。 [業績一覧] 発表論文、著書、学会発表など。
 

[足跡リンク] 自分の経歴をたどる形で。
  ・東京大学 植物生態学研究室・・・ このお方のもとで卒業研究しました。
  ・東京大学 日光植物園・・・ ここでフィールドワークしました。
  ・九州大学 生態科学研究室・・・ここで学位とりました。
  ・日本生態学会・・・ここで学会デビューしました。
  ・種生物学会・・・ここでシンポジウム講演デビューしました。
  ・東北大学 植物生態学研究室・・・ここで博 士研究員しました。
  ・トロント大学 トムソン研究室(カナダ)・・・ ここでも博士研究員しました。
  ・ロッキー山脈生物学研究所(アメリカ)・・・ここでもフィールドワークしまし た。

[コラム] 考えをまとめるために。
なぜ研究するのか?
その研究、どこが面白いの?
おすすめ
思考法としての口頭発表
大学院生に贈る10つの助言

[最終更新年月 2013年4月18日]


[English]



[ Back to lab members page]